読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Cinema

週一で映画館に通う春から大学生のシネマブログです。時々映画以外のことも書いています。批評というより日記帳

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」最新予告編公開!!

Marvel アメコミ 映画 映画ニュース 洋画

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

f:id:us_cinema:20170302115605p:plain

アメコミ作品盛り沢山の今年2017年!

 

ドクター・ストレンジ」に続いて2作目(今年予定されているアメコミ作品は全6作品)となるガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」の最新予告編が昨日公開されました!!

 

まずはその予告編を見ていただきましょう!

www.youtube.com

 

えぇえええええ!予告編でいきなり伏線回収!?

お父さんやん! と僕は動揺を隠せないのですが本当のところは観てからしかわからないので気長に公開を待とうと思います。

 

この映画は前作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編です。

なので少しだけ前作の紹介を。

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014)

f:id:us_cinema:20170302120456j:plain

 

解説

ポスターにもありますが、

宇宙よ、これがヒーローか。

そうなんです。彼ら全員犯罪者です(笑)

そんな異色なヒーローたちの冒険を描いた本作です。

 

あらすじ

自らをスーター・ロードと名乗る、いい加減な性格の主人公、ピーター・クイル。彼はトレジャーハンター、お宝集めで生計を立てている。そんな彼が、ある日無限の力を持つ、パワーストーンのオーブを手に入れる。

f:id:us_cinema:20170302125409j:plain

 

しかし、このオーブは銀河を破滅させるほどのパワーを持っていた。それを狙う強大な悪、彼らの暗躍によって彼ピーターは凶悪犯だけが収容される銀河一危険な刑務所にぶち込まれてしまう。

 

だが、ピーターはその刑務所に収監されていたロケット(賞金稼ぎのアライグマ)、グルート(ロケットの相棒、木のヒューマノイド)、ドラックス(家族を殺されその復讐に燃える破壊王)、ガモーラ(暗殺者として訓練された、正義感を持つ女)とともに5人で脱獄に成功する。

 

だが彼らはただ利害関係が一致しただけ。信頼関係は一切ない。そんな彼らに闇の勢力の魔の手が迫る、こうして彼らの冒険劇が始まる・・・・・・・・

 

f:id:us_cinema:20170302125410j:plain

 

感想

いわゆる、ダメな奴らが世界を救う!というような王道のストーリー展開です。

前半ではこのダメな奴ら感がアトラクションムービーのように描かれ、後半は彼らが団結しあいミッションに挑みます。

 

そして、そういったダメな奴が露呈する部分もさることながら、各キャラクターの哀しい過去などもしっかりと描かれていて、笑えるところもあれば少しほろっとするところもある。そんな映画です。

 

そして僕が特に好きだったのはロケット!鑑賞してもらえばみんなうなずいてもらえると思うのですが、

めっちゃイイやつです(笑)

暴走気味のロケットとなんというか掴みどころのないグルードこのコンビは最高でしたね。

娯楽映画でありながら人間味を感じさせてくれる部分が随所にあり、笑って泣いて最高の充実感を得られる映画だったと思います。

 

また、ストーリーとは離れますが、ロケットの映像技術これもすごかったですね。

毛の一本一本がまるで本物のように動く。あのアクティブな動きにもかかわらず、まるで実写のように感じさせられる。素晴らしい技術力でした。

これはイギリス・ロンドンに拠点を構えるCG制作会社・フレームストアが担当しています。「ファンタスティック・ビースト」で映画に魔法をかけたのはまさにここの人々でした。

近頃ではこのロケットの技術が「ドクターストレンジ」の浮遊マントにも使用されたようです。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」は前作がそうであったようにマーベル作品を普段見ない人でも十分に楽しめる映画だと思います。

でも!この映画を観てもらえればもっと楽しんでもらえると思います!ぜひ鑑賞してみてください。


 

 

それでは本題!「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」の紹介です!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

f:id:us_cinema:20170302115606p:plain

marvel.disney.co.jp

 

あらすじ

金のためなら銀河も救う、負け組ヒーローチーム!

銀河の運命は彼らのノリに託された・・・!

 

今回も銀河の危機に彼らが立ち向かうストーリー展開になりそうですね。

そして今回、グルートは前回の戦いで体のほとんどを失ってしまったので、小さい状態(「ぼくはグルート」しか喋れない状態)で登場しています。

 

us_cinema的注目ポイント!!

まずはベビーグルート!

前作の姿とはうって変わって、つぶらな瞳を輝かせるキュートな姿。2016年米サンディエゴで行われたコミコン・インターナショナルでいち早く紹介された際には6000人もの観客を一瞬で虜にしてしまったそうな。。。。

「マーベル史上最もかわいい!」という称号を得るであろう彼の姿に注目です。

 

次は前作同様この映画の音楽たち!

70年代を中心とする賑やかな名曲たち。

ピーターが母からお送られたカセットテープに収められたその楽曲たちが、映画中の様々なシーンを彩り、引き締めることでしょう。

 


 

 

ノリで世界を救う彼らのご機嫌な世界へ誘ってもらいたいものです。

5月12日の日本公開を期待し、今日はこの辺で

 

それではまた🎥

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロトピ:映画ブログ更新

 

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/hrwncqaun6j7